FC2ブログ
かえるのーと
健康に関するちょっとした豆知識や勉強について、院長が今挑戦していることなどをコツコツと書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回もホームページのお話。

ホームページを作りたいけど、何から始めたらいいか分からない…。
という方も多いと思います。
実は意外とカンタンに始めることができるんですよ。


ノートでも、広告の裏でも白いページに鉛筆で好きにホームページを
作っていくのです。
自分がいいなぁと思ったホームページを参考にして、ここはタイトル
をバーンと入れて、ボタンを配置して、ここはカワイイ線を引いて…。
○で囲ってもいいですし、もちろん色鉛筆で色づけをしてもOKです。

そうしてイメージを膨らませると何が必要なのかが見えて来ます。

まず写真です。
こんなポーズでとメモしておくとあとで便利です。

文章ももちろん必要ですね。
前回も述べましたが、分かりやすい言葉を選んで読みやすい文章に!

イラストやラインなどの細かな部品も必要になってきます。
グラフィックソフトを使って自分で作成したり、フリーの「素材」と
呼ばれるホームページに使えるパーツをネット上からダウンロードを
することもできます。

ホームページはパソコンを使って難しいことをしないといけない。
と思っているとなかなか先に進めなくなってしまいます。

どんな作業もまずは「手作業」から!
「アナログなこと」からなら、きっと始められますよ!!


緑のかえる治療院のホームページの下書きは「続き」からどうぞ。

続きを読む
スポンサーサイト
東洋思想のなかに「五行」という考えがあります。

鍼灸でもこの五行の概念が大きく関わっていて、症状や身体、さらには
一人一人を大きく5つに分類わけして治療の基礎を形作っています。

一番基本となるのが5つの要素です。
「 木 火 土 金 水 」
(もっかどごんすい、と読んだりします)

また、5つの色 青 赤 黄 白 黒 が対応しています。
gogyou.jpg
矢印が表わすように、隣り合う五行どうしは母と子の関係のように
木は火を、火は土を、土は金を、金は水を、水は木を生みます。

次に重要なのが「五臓」です。
肝 心 脾 肺 腎

実際の臓器とは少し異なっていて、身体を分類わけする項目と考えた
方がよいと思います。

この分類わけは、自分がどの五臓が弱いかを知り、何を補えばよいか
が分かるのでぜひ覚えておくといいと思います。

いろいろな分類わけは「続き」をどうぞ!


続きを読む
先日のお休みを使って天白区のママ友会にて「小児ハリ体験会」を
開催しました。

初の試みでしたが、小児ハリの良さを知ってもらう機会ができて、
いい経験となりました。

参加したお子さんは、治療院にみえる小児ハリのお子さんよりも、
もうひとまわり小さくて8か月~1歳半くらいがほとんどでした。
症状は夜泣きやなかなか寝てくれない、疳の虫、胃腸不良などなど、
お子さんについての悩みはいつの時代もどこでも同じですね。

小児ハリは「てい鍼」という先の丸いハリを使いますが、刺すこと
はなく、身体をさする感じで治療を行います。

初めての小児ハリだったにもかかわらず、みなさん気持ちよさそう
におとなしくハリを受けていました。
お母さんも「珍しく泣かない、じっとしている」と少し不思議そう
な表情を浮かべていたのが印象的でした。
0歳、1歳児は自然治癒力がとても高いので、5分少々で十分治療
効果が出ます。治療が終わったら、もっとやってほしそうにグズる
お子さんもいたので、治療としては成功ですね。

まだまだ東海圏では認知度が低い小児ハリ。
関西では小児ハリは割と当たり前のようにされているんですよ。

今回のような体験会などを通じてまず小児ハリを知ってもらい、

「ハリはこわくない、いたくない、きもちいい」
「効果を早く実感できる」
「お母さんの負担が減る」

などの小児ハリの良い部分をもっと広めていきたいと思いました。

また小児ハリの体験会を行いたいですね。


続きを読む
治療院で使用するマッサージ用タオルも緑です。

IMGP2202.jpg

棚にそろえて収納しているのですが、前の職場でも同じようにキチンとたたんで
置いていました。ずっと続けていた習慣はなかなか変えられないものです。

キッチリとそろっていると、気持ちがいいものですよ。


鼻血が出てしまった時、正しく止血することができていますか?
お子さんは、何かのきっかけで鼻血が出やすいので貧血にならないようにする
ためにも正しく早く止血したいですね。

1.顔を下に向ける

上を向いたり、横になったりすると血がのどへ流れてしまいます。
飲み込んだりすると気分が悪くなることがあるので、のどまで流れてしまった
ら吐き出すようにして下さい。
また、血がたれる場合がありますので、洗面台など血を洗い流せる場所で止血
をした方がいいです。

また、患部を保冷剤などで冷やすのも効果的です。冷やすことで血管が縮まって
早く止血することができます。


2.鼻血が出ている方の鼻を上から圧迫する

人差し指などで鼻をつまむように上から押さえます。
鼻の穴にティッシュを詰めたりすると、取るときに内部を傷つける恐れがある
ので、やめた方がいいです。

時間は5分~10分くらいです。
それ以上押さえても止まらないのなら、別の病気の可能性も考えられますので
一度耳鼻科や内科へ受診して下さい。


プロフィール

midori-kaeru

Author:midori-kaeru
0歳から100歳まで、すべての方の健康を一手に引き受けます♪

カテゴリ

営業日

カレンダー

最新コメント

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。